2006年08月06日

No.39 X2:デフテラ (クリア目的)

エクストラステージ、2体目は「デフテラ」です。
X1キリアキといい勝負じゃないでしょうか。
が、うまくいくと、案外すんなりクリアできたりもします。

難易度:★★★★★


ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

レーザーで白と黒の斑点を焼却
(大きいほう優先、小さい斑点は大きい斑点から生み出されます)

(赤と青のデフテラ登場)
移動跡にたまにできる斑点をレーザーで焼きながら、合体を待つ
合体後、ドレーンで吸引(3回繰り返す)
3回目の吸引後、その部分を切除できるようになったら、メスで切除
レーザーで腫瘍を焼却
ピンセットで切除部分をトレイへ
ピンセットで人口膜を切除部分へ
ヒールゼリーを人口膜に塗る
で人口膜をこする

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング

(患部が変わります。バイタルは自動的に99になります)

ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

(赤と青のデフテラが2体づつ登場)
(超執刀発動)
ヒールゼリー・注射・レーザーを駆使しながら合体を待つ
ヒールゼリーを、合体したデフテラの周囲に塗る
合体後、ドレーンで吸引(3回繰り返す)
3回目の吸引後、その部分を切除できるようになったら、メスで切除
(腫瘍があれば、レーザーで焼却)
ピンセットで切除部分をトレイへ
ピンセットで人口膜を切除部分へ
ヒールゼリーを人口膜に塗る
で人口膜をこする

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


赤と青のデフテラ一体づつのときは
合体するまで状況に応じて
 注射器(バイタル回復)
 ヒールゼリー(デフテラの進路制限:後で詳しく解説します)
 レーザー(腫瘍発生時)
を使用し、合体したのを確認してからドレーンを持って吸引していきましょう。

また、3回の吸引完了後、切除できる状態になりますが
このときの白と黒の腫瘍のでき方が前より激しくなっています
手早く切除しましょう。


デフテラ2組登場時です。

2組登場時のみの性質を復習しましょう。
1.同色のデフテラ同士が接触すると、大きな斑点ができて大ダメージ
2.合体中のデフテラに、動いているデフテラが接触すると
  合体が解除され、大きな斑点ができて大ダメージ


これを防ぐため「ヒールゼリーによるデフテラの進路妨害」を行います。

合体した瞬間、その周りを取り囲むようにヒールゼリーを塗ることで
合体中に接触されることがなくなります


また、合体前の同色デフテラ接触阻止にも使えます。試してみましょう。


これを踏まえて、デフテラ2組時には
・合体したら即ヒールゼリーを合体の周囲に塗る
・それからドレーン
という手順を踏むことになります。

うまく1組に対してドレーンが3回完了したら
必ず「デフテラを切除」まではやりましょう。
デフテラは、切除ができる状態のまま放置すると
ものすごい勢いで大きな腫瘍を生み出します
切除までやれば、ひとまずは放って置けます。

ただし、切除のまま放っておく場合と、白と黒の腫瘍発生時の
時間によるバイタル減少が多めになっています
治せる時には治すか、早めのバイタル回復を心がけましょう。


もう1つ。もともと運の要素が結構強い手術ですが
バイタル減少が激しいので、その傾向がより強まっています。
何度かは挑戦する覚悟でいましょう
最高レベルまで手術の腕が上がった人にとっては
最難関手術となるかも知れません。


この記事へのコメント
いいですねえw
デフテラは、確かに手術の腕より
運ですね。
結構難しかったです。
Posted by like of nagoya. at 2007年09月12日 17:24
本当に運ですね。
合体した時のゼリーの塗り方ですが、"合体した周囲に"というよりも"合体した円に沿って塗る"の方が分かりやすいと思います。
最初円を囲うように塗っていましたが、他のデフテラが接近しているとあまり効果がなかったりします。
ゼリーは塗った後に少し広がるので円に沿って塗るといい感じに進路妨害出来てクリア率高まると思います。
Posted by 唯 at 2007年11月26日 22:30
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:16
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:40
初見で突破できたw
でもこれ本当に運が99%だな。
Posted by at 2008年06月22日 14:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。