2006年08月06日

No.11 生きたい。 Chapter2-9(クリア目的)

またもや、原因不明の裂傷により容態が悪化してしまいました。
「原因は何か?」を探りながらの手術となります。

長い手術となりますので、バイタルは常に高めに保っておきましょう。

難易度:★★★☆☆


ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

ドレーンで血だまりから血を吸引
ピンセットで開いた傷を閉じる
で傷を縫合する
(×3)

でその他の裂傷を縫合(×5)
(傷を一本残し、バイタル回復)

(突然内臓に裂傷ができる)

エコーを使って傷の原因を探る(動き回る影が見つかる)
メスで影のいる場所を少し切り裂く
レーザーを出てきた生物?に2回当てる

エコー〜レーザーで退治を繰り返す(×2匹)

残った裂傷を治療する
(傷を一本残し、バイタル回復)
(超執刀発動)

エコーを使って傷の原因を探る(動き回る一回り大きな影が見つかる)
メスで影のいる場所を少し切り裂く
レーザーを出てきた生物?に当てる
(これを3回繰り返すと駆除できる)

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


バイタル回復をするタイミングについてです。

手術手順中に(傷を一本残し、バイタル回復)と書いてあるところがあります。

この手術での謎の生物は、退治した後
傷が残っている限り、新たに生物が現れないタイミングがあるという性質を持ちます。
これを利用し、傷を一つだけ残して他は治療
限界までバイタルを回復させてから
最後の傷治療 → 次が登場 とすることが可能です。

なお、当然ですが、バイタルが危険になったら全ての治療をやめ
バイタル回復を最優先してください。
謎の生物による裂傷発生ダメージを考えると
バイタルが20を下回ったら、回復を優先したほうが良いでしょう


この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。