2006年08月24日

No.16 高度3000mの奇跡 Chapter3-8(ランクS取得)

難易度:★★★☆☆


ランクS:スコア5200点以上

ランクS条件(スペシャルボーナス獲得条件)
1.超執刀を使用しない
2.大揺れ5回以内
3.炎症発生を10個以内に抑える
4.3回以上Coolを取る



嵐についてのルール(再掲)です。

1.ゆれなし → 少しゆれ → 嵐 のサイクルで
  約20秒に1回、嵐が起こります。

2.嵐突入時、画面にタッチしていた場合はミスになります
  その際、患者の体に、縫合が必要な傷ができることがあります。
  激しく揺れている間は、画面に触れてはいけません。

3.嵐突入時、吸引していない胸水があると
  胸水により、周りの組織が炎症を起こしてしまいます

  その場合は、炎症を起こした箇所に青い薬を注射する必要があります。

4.胸部に現れる影は、一度に3つです。
  治療は8個行えば完了なのですが
  8個目が胸水が出ている状態で他の影を切ってしまうと
  その胸水も吸い上げなければならなくなります

  (すなわち、8・9・10個を同時に切ると
   10個治療しなければならなくなります)
  数をカウントし、8個目を切ったら他は切らないようにしましょう

5.影の配置は4パターンあり、ランダムに選ばれます
  同じ配置が続けて選ばれる場合もあります。

6.影は、以下の状態の時、再配置されます。
  ・3つを最後まで治療した時(即再配置)
  ・治療中のものが残ったまま嵐を超え、嵐後、治療したとき(即再配置)
  ・2つ以下を最後まで治療した時(嵐後再配置)


ノーミス条件ではありませんので、大揺れ前も積極的に処置しましょう。

とくに、胸水が出ているときは必ず吸い取るようにしましょう
胸水により腫瘍ができてしまうのは、ランクS条件3の腫瘍10個以下と
条件2の大揺れ5回以内(すなわち約2分以内に処置しなければならない)の
両方に障ってしまいます。



(術式)

ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

ルーペ(エコー)で黒い影を探す
メスで、影の部分を少し切る
ドレーンであふれ出す胸水を吸引
ヒールゼリーで傷をふさぐ
(8個で完了ですが、特殊なルールにより10個まで増えます(後述))

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


No.15 最悪の患者 Chapter3-6(ランクS攻略)

難易度:★★★★☆


ランクS:スコア3000点以上

ランクS条件(スペシャルボーナス獲得条件)
1.ノーミス
2.超執刀を使用しない
3.使用時間が2分以内



ミスが出やすい手術(?)ですので、ノーミス条件が結構厳しい。

雷管の引き抜きは、まっすぐ上にかなりの距離ペンを動かさないと
ミスになってしまいます


また、レーザーでICチップを焼くときも
チップ以外の場所にレーザーが少しでも当たるとミスになってしまいます
気をつけておきましょう。

また、時間制限も結構厳しいものがあります。
手順をしっかり覚えておくこと。

水は、初めの一回だけドレーンで水移しをすれば、以後見なくても平気です。

また、レーザーでICチップを焼くときも
場所を覚えておいて最速でレーザーを当てていれば
発火装置のほうを気にする必要はありません

最速なら、発火前にすべて焼ききることができますので。

(焼くべきICチップの配置)

   ■■■■
  ■■

   ↑ 赤いが焼ききるチップです。

最後の赤い線切断は「メスで赤い線に触る」だけでOKです。


(術式)

ルーペを持つ

ルーペで、右側の水槽の辺りに○を付ける

ドレーンを持ち、右の水槽の水を吸い上げ、左の水槽に移す

ルーペを持ち、拡大を解除
(ルーペを選択し、画面内どこでもいいので○を書く)

ルーペで、左下のダイナマイトの辺りに○を付ける

ピンセットを持ち、矢印の先にある「雷管」をまっすぐ上に引き抜く
(雷管を2本抜くと、トラップ「発火装置の作動」が起こる)
そのままピンセットで、残り4本の「雷管」も抜く
ルーペを持ち、拡大を解除、そのまま左上のICチップ群の辺りに○をつける
レーザーで、下の発火装置にコードがつながっているチップを焼く

(正解のチップを全て焼くと、最後のトラップが発動する)

メスで、赤い配線だけを切断する

No.14 かけがいのない物 Chapter3-4(ランクS攻略)

難易度:★★★★☆


ランクS:スコア5000点以上

ランクS条件(スペシャルボーナス獲得条件)
1.ノーミス
2.超執刀を使用しない
3.残り時間30秒以上



ポイントは、ヒールゼリーによるデフテラの進路妨害です。
これさえ使いこなせれば、超執刀なしでもそんなに難しさは変わりません。

(再掲)
ヒールゼリーを塗ると、しばらくその場所に効果が残ります。
この効果時間中、デフテラはゼリーを乗り越えて移動することができません

合体した瞬間、その周りを取り囲むようにヒールゼリーを塗ることで
合体中に接触されることがなくなります


また、合体前の同色デフテラ接触阻止にも使えます。試してみましょう。

これを踏まえて、デフテラ2組時には
・合体したら即ヒールゼリーを合体の周囲に塗る
・それからドレーン
という手順を踏むことになります。


(術式)

ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

レーザーで白と黒の斑点を焼却
(大きいほう優先、小さい斑点は大きい斑点から生み出されます)

(赤と青のデフテラ登場)
移動跡にたまにできる斑点をレーザーで焼きながら、合体を待つ
合体後、ドレーンで吸引(3回繰り返す)
3回目の吸引後、その部分を切除できるようになったら、メスで切除
レーザーで腫瘍を焼却
ピンセットで切除部分をトレイへ
ピンセットで人口膜を切除部分へ
ヒールゼリーを人口膜に塗る
で人口膜をこする

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング

ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

(赤と青のデフテラが2体づつ登場)
ヒールゼリー・注射・レーザーを駆使しながら合体を待つ
ヒールゼリーを、合体したデフテラの周囲に塗る
合体後、ドレーンで吸引(3回繰り返す)
3回目の吸引後、その部分を切除できるようになったら、メスで切除
(腫瘍があれば、レーザーで焼却)
ピンセットで切除部分をトレイへ
ピンセットで人口膜を切除部分へ
ヒールゼリーを人口膜に塗る
で人口膜をこする

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング

No.13 ギルス Chapter3-2(ランクS取得)

難易度:★★☆☆☆


ランクS:スコア7000点以上

ランクS条件(スペシャルボーナス獲得条件)
1.ノーミス
2.超執刀を使用しない
3.残り時間30秒以上



ピンセットで傷を閉じる時にミスをしないよう気を付け
「バイタル回復ポイント」では必ずバイタルを回復し
バイタルに常に注意すれば、それほど難しくないでしょう。


(術式)

ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

ドレーンで血だまりから血を吸引
ピンセットで開いた傷を閉じる
で縫合
(×3)

でその他の裂傷を縫合(×6)
(傷を一本残し、バイタル回復)

(キリアキ2匹出現)
エコーを使ってキリアキを探す
メスで影のいる場所を少し切り裂く
レーザーをキリアキに2回当てる

(キリアキ3匹出現)
エコーを使ってキリアキを探す
メスで影のいる場所を少し切り裂く
レーザーをキリアキに2回当てる

キリアキに付けられた傷を治療
(傷を一本残し、バイタル回復)

(マザーキリアキ出現)
エコーを使ってキリアキを探す
メスで影のいる場所を少し切り裂く
レーザーをキリアキに当てる
(これを3回繰り返して駆除)

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング

2006年08月07日

このサイトについて

このサイトは NINTENDO DS のソフト

 超執刀カドゥケウス の攻略法を紹介しています。

右の「カテゴリ」欄から「クリア目的」「ランクS取得」等を選ぶと
それぞれの記事が全て表示されます
一括して全てを見たいときは便利です。

また、右側の見たい記事をクリックからは、それぞれの記事を見ることができます



8月16日
ようやくオールSが取れました。ランクS攻略行く前でよかった。
7月中旬にこのゲーム(ていうかNDS)を買ったので、約1ヶ月ですか。
こんなにハマったゲームは久しぶりです。
小学生の時買ったドラクエ3くらいハマってます。


・コメント欄について

「クリア攻略」記事のコメント欄は
その手術で詰まったところを詳しく書き込んでみてください。
だれかが解法を書き込んでくれると思います。
場合によっては本文に攻略を書き加えます。
「ランクS取得」記事のコメント欄も同様です。

そのほか、記事の間違い別の解法など、その記事関連の事は
各記事のコメント欄に書き込んでいただけると大変助かります。
所詮、個人で作ってる攻略ページですんで、いろいろ間違いがあるかと。

どこに書いていいか分からないコメントは
ここ「このサイトについて」のコメント欄に書き込んでください。


・難易度について

「クリア攻略」「ランクS取得」には
管理人が主観でつけた難易度がついております。

☆☆☆☆☆(手術に失敗することはない)
★☆☆☆☆(簡単)
★★☆☆☆(普通)
★★★☆☆(難しい)
★★★★☆(とても難しい)
★★★★★(超絶難度)
の6段階です。

「クリア攻略」では、初見〜クリアするまでの難しさを表しています。

「クリア攻略」のX1〜X7までと「ランクS取得」では、
No.37までを全てクリアした人
その手術でランクSを取る難しさを表しています。

例えば「クリア攻略」「ランクS取得」
同じ★★★☆☆(3つ星)がついていたとしても
難易度は同じじゃないです。


・攻略ムービーについて

現在、デジタルビデオカメラを購入予定です。
要望の多い手術から攻略ムービーを作って行きたいと思います。
ご要望は各記事のコメント欄にお願いします。
YouTubeにアップして、直リンクという形をとるつもりです。


・アフィリエイトについて

当サイトではアフィリエイトを行っておりません。
商品へのリンクもただのリンクです。
posted by TOM at 12:00| Comment(4) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

No.1 執刀の心得 Chapter1-1(クリア目的)

手術手順のチュートリアル的なステージです。
まずはベテラン看護婦、古村さんの言うとおりに動きましょう。

難易度:★☆☆☆☆


で裂傷を縫合(×2)

ピンセットでガラス片を摘出、トレイへ乗せる(×2)

ヒールゼリーで傷をふさぐ(×2)

ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

ピンセットでガラス片を摘出、トレイへ(×3)

ヒールゼリーで傷をふさぐ(×3)

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


手順通りやればクリアできると思います。あせらず、丁寧にやりましょう。

ポイントはガラス片の抜き取り方。
ガラス片は、刺さっている方向の反対方向にしっかり抜ききらないと
ミスになってしまいます

No.2 続・執刀の心得 Chapter1-2(クリア目的)

引き続き、手術手順のチュートリアル的なステージです。
ここでは新たに、注射(バイタル回復)、ルーペ(エコー検査)、ドレーン(腫瘍吸引)、人口膜貼り付けの処置をすることになります。

難易度:★☆☆☆☆


ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

注射器を使い、緑の薬を注射
一杯まで吸い上げ、全てを注入しきること

ルーペ(エコー)を使って腫瘍を探す
(黒い影が出現する。影がすぐ消える場合は失敗
 再度影のあった部分の中心にエコーをかける)

メスで影の部分を切開
(影は5秒ほどで消えてしまうので、それまでに切開する)

ドレーンで腫瘍(緑色)を吸引

メスで腫瘍部分を切り取る

ピンセットを使い、切り取った腫瘍をトレイへ

ピンセットで切り取った部分に人口膜を貼る

ヒールゼリーを人口膜に塗る

でこすって人口膜を定着させる

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


指示通りやればクリアできると思います。あせらず、丁寧にやりましょう。

途中、バイタル安定のために、緑の薬液を注射しますが
必ず一杯まで吸い上げて、全てを注入しきりましょう
でないと成功したことになりません。


 なお、他の手術でバイタル安定のために注射するときは
 どれだけ吸ってどれだけ注入しても
 その量に応じたバイタルが回復します

 一杯まで吸ってると患者が死ぬ場合もありますので、
 ちょっと吸ってちょっと注入のほうが良い場合も多いです。

No.3 別れの手術 Chapter1-3(クリア目的)

No.2とほとんど同じ術式です。
ただし3箇所処置をするところがあり、バイタルの減りが激しいです
危険な状態になる前に、緑色の薬を注入してバイタルを回復しましょう。

難易度:★★☆☆☆


ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

注射器で青色の薬(消炎剤)を腫瘍(灰色がかった部分)に注入(×2)

ルーペ(エコー)で腫瘍を探す
メスで腫瘍部を切開
ドレーンで緑色の腫瘍を吸引
メスで腫瘍部を切開
ピンセットで腫瘍をつまんでトレイへ
ピンセットで人口膜を腫瘍があった部分へ
ヒールゼリーを人口膜に塗る
で人口膜をこする
(この部分を3箇所分繰り返す)

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


慣れないうちはバイタルが50を切ったら
(バイタルが黄色に変化したら)
緑色の薬を注射して、バイタルを回復させましょう。

No.4 哀愁の歌うたい Chapter1-5(クリア目的)

ここから手術助手が利根川アンジュになります。
キッツい事を言われますがくじけないでください。

難易度:★★☆☆☆


ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

ルーペで血だまりの辺りを拡大
(ルーペを選択して拡大したい部分に○を書く)
ドレーンを使用して血だまりから血を抜く
レーザーで小ポリープを焼却(複数個)
(焼却中に血だまりができたら、ふたたびドレーンで血を吸引)
ヒールゼリーを焼却した傷口に塗って傷をふさぐ
ルーペを選択し、画面内どこでもいいので○を書いて画面を元に戻す
(これを血だまり・ポリープがなくなるまで5回繰り返す)

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


ポイントは、ポリープ焼却中にできやすい「血だまりの再発生」への対処です。
血だまりができたら、あわてず現在の作業をいったん中止して
ドレーンで吸引しましょう。

また、血だまりは
1.レーザーがポリープのないところに当たる
2.ポリープが焼却できているのにレーザーを当て続ける
3.焼却痕をヒールゼリーで治癒せずに、たくさん残す

と出来やすいようです。
これらの行動を避けると、より効率的に手術を進められるでしょう。

バイタルが減ってきたら、緑色の薬を注射して、バイタルを回復させるのを忘れないように。

優先度は
バイタルの回復 → 血だまりの吸引 → その他の処置
となります

No.5 医師の資格 Chapter1-6(クリア目的)

難易度:★★☆☆☆


ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

注射で青い薬(消炎剤)を炎症部に注入し炎症を止める(×7)

ルーペ(エコー)で黒い影(腫瘍)を発見
メスで黒い影を切開
ドレーンで緑色の腫瘍を吸い上げる
メスで腫瘍の周囲を切り出す
ピンセットで腫瘍を右トレイへ、左トレイから人口膜を腫瘍摘出部へ※1
ヒールゼリーを人口膜に塗る※2
で人口膜をこする
(×4)

(アンジュが患者の容態が安定しないことに疑問を提示)

ルーペ(エコー)で全体を探査※1
(アンジュがいいと言うまで)

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


ポイントは、腫瘍発見から人口膜の定着までの4回繰り返しでしょうか。
※1で腫瘍をトレイにつまみ出した瞬間からヒールゼリーを塗り切るまでの間
バイタルの減りが激しくなります


常に一定以上のバイタルを保っておき
バイタルの減りが激しいこの区間は一気にやってしまって
終わってから安全圏までバイタル回復とすると安定します。

※1 ここでエコー検査を指示されますが
臓器を満遍なく検査する必要はなく
一点だけを何度も検査してもOKがでます。

No.6 生か、死か Chapter1-8(クリア目的)

ここまで順調に来ていた人も、ここでつまづく可能性が高いです。非常に難易度が高い。
何を優先すべきかをしっかり理解してから手術しましょう

難易度:★★☆☆☆


ヒールゼリーを中央の青い部分に塗る(心臓マッサージのため)

を使い、中央の上下する黒いバー通りに手を動かす(心臓マッサージ)

ヒールゼリーで小さな外傷をふさぐ(×2)
で大きな外傷を縫合する(×3)
ピンセットでガラス片を抜き、抜き跡をヒールゼリーで治癒する(×4)※1

ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

ピンセットでガラス片を抜き、抜き跡をヒールゼリーで治癒する(×8)※2

(心臓マッサージ)
ヒールゼリーを中央の青い部分に塗る
を使い、中央の上下する黒いバーを追いかけるように上下させる

ピンセットで大きなガラス片を抜き、抜き跡をで縫合する※3

(星型の図形が描かれる)

で大きな傷を縫合する※4

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


順番に解説します。

※1 先にヒールゼリーの治癒と大きな傷の縫合を終わらせてから
ガラス片摘出→ヒールゼリー治癒を行うと
多少ですがバイタルの減りがゆるくなります。
もちろん、途中でバイタルが減り危険だと判断したら
最優先で緑の薬を注射します

また、処置後、開胸前には
バイタルを30(上限)まで回復させましょう


※2 ガラス片を1つ抜くたびにヒールゼリーで治療すると
バイタルの減りが緩やかになります。
慣れないうちは1つづつ確実に処置しましょう
もちろん、バイタルが危険だと判断したら回復が最優先です。

※3 ガラス片に手を付ける前に
バイタルをしっかり回復させておきましょう。
このガラス片は、見えている部分の4倍ほどの長さがあります。
大きなストロークでまっすぐ上まで抜ききってからトレイに乗せましょう
また、このガラス片の抜き後だけは、ヒールゼリーで治癒できません。
糸で縫合しましょう


※4 バイタルが激減し、非常に危険な状態になったかのようですが
月森医師はすごく集中しているので
時間の流れがゆっくりになっています。

バイタルの回復は必要ありません
あわてず確実に縫合しましょう。

No.7 眠れる力 Chapter2-1(クリア目的)

難易度:★★★☆☆


ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

ルーペで患部を拡大(どこに○を書いても大丈夫)

ルーペで、血管内を移動する薄い灰色の○(血栓)にタッチする
ピンセットを持って、↑でタッチした血栓にタッチする
メスで、動きの止まった血栓部を切り裂く
ドレーンで切った部分から血栓を吸い上げる
ヒールゼリーで、切った部分を治癒する
(×5)

(動きの早い血栓が現れる。星型の図形が描かれる)

ルーペで、血管内を移動する薄い灰色の○(血栓)にタッチする
ピンセットを持って、↑でタッチした血栓にタッチする
メスで、動きの止まった血栓部を切り裂く
ドレーンで切った部分から血栓を吸い上げる
ヒールゼリーで、切った部分を治癒する
(×5)

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


血栓に関するルールです。

血栓は一定の方向へ流れて行き、血管が収束したところで消えますが
消える時にバイタルに7のダメージが与えられます

血栓の動きはピンセットで血栓をタッチした時に止まります。
(しばらくすると、再び動き出してしまいます)

No.8 神の手を目指して Chapter2-3(クリア目的)

クリアするだけなら超簡単です。

難易度:☆☆☆☆☆


アイコン「手」を二回タッチすると、星型のアイコンに変わる

その状態で画面上の緑の星型をなぞるように星を描く(×2)
(多少ズレてもいいので、すばやく書くこと。時間制限があります)

こんどは緑の星型は出ませんが、大体さっきのような感じで星を描く(×3)

No.9 神の手の覚醒 Chapter2-4(クリア目的)

前回の簡単さは嵐の前の静けさでした。
早くも2章最難関手術の登場です。
手術通称「動脈瘤」。心してかかりましょう。

難易度:★★★★☆


ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

ルーペを持って、血管が膨らんでいる辺りに○をつける

(動脈瘤処置)
1.注射で、血管の膨らんだ部分に黄色の薬(沈静液)を注入
2.メスで固まった血管の周囲を切除
3.ピンセットで血管の塊をトレイに移す
4.ドレーンであふれ出した血液を吸い上げる
5.ピンセットで血管の一方をつまみ、もう一方に近づける
6.で血管を縫い付ける

動脈瘤さらにもう1個出現

動脈瘤2個同時出現※1

動脈瘤2個同時出現※1
(ここで最後の6番の処置をする前に
 バイタルを回復、超執刀を発動させておくとラクになります)

動脈瘤5個同時出現※2

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


攻略ポイントです。

動脈瘤処置にはいくつか特徴があります。

1.黄色の薬を注射すると、動脈瘤は小さくなっていき
一定の小ささになると、次の「メスで切開」できる状態になります
また同時に多数の動脈瘤を処置する場合などで
破裂寸前の動脈瘤を一時的に小さくすることもできます

2.コブの周りを切除してしまえば、そのままで放置することができます
ここから前の状態に戻ることはありません。
多少バイタルの減りは早くなるようなんですが
放置して他の動脈瘤の処置やバイタル回復に移ることが可能です
動脈瘤5個同時処置では、これが命綱になります
メスで切らないまま放置すると、黄色の薬が必要な段階に逆戻りです。

5.血管をピンセットでくっつけると
ひとまずは縫合しなくても、元に戻ることはありません。
他に優先することがあればそちらをやっても良いでしょう。


動脈瘤2個同時処置(※1)では、

1.2つともに注射
2.2つともメスで切除
3.必要ならここでバイタル回復
4.その後は1つずつ処理

の流れがよいと思います。

2のメス切除を手早くやらないとまた1の段階に戻ってしまいますので
リスクは高いのですが・・・
最後の5個同時処理では、少なくとも2個同時処理しないと間に合わないと思います
練習だと割り切って、チャレンジしてみましょう。


さあ、大ボスの登場、※2動脈瘤5個同時発生です。

その前の2個同時発生の最後、血管を糸で縫合する前に
バイタルを80まで回復し超執刀を発動しておきましょう

まずは画面内で処置できそうな動脈瘤からかかります。
基本は注射〜メスで切除まで2個同時処理です
(画面内で処置できるのが1個だったらその1個を処理します)
メスで切除したらそこで放置して、ほかの動脈瘤にかかります
処置できない位置に動脈瘤があれば
ルーペの拡大を解除して、その付近を再拡大します。

これを繰り返し、全部がメス切除後の状態になるまでが、時間の勝負です

全部がメス切除後の状態になりましたか? ここまでくればほぼクリアです。
まずはバイタルを回復させましょう。
その後、一箇所ずつ処置をしていきます。


どうしても動脈瘤を破裂させてしまう人へ

実は、直前でバイタルを満タン(80)にしておけば
動脈瘤は1つ破裂してもクリアできます。

もし、動脈瘤が破裂してしまっても、無視して下さい
無視してなにをするかと言うと、まだ破裂していない部分の処置です
最優先が注射〜メス切除であることをよく覚えておいて下さい。

4箇所のメス切除+1つの破裂になったら
まず、バイタル回復をします
薬がなくなるまでバイタルを回復させます。

次に、破裂箇所の処置をします。
ドレーンで血液吸引 → ピンセットで血管をつなぐ → 縫合 ですね。

ふたたび、バイタルを回復させます。満タンまで回復させましょう。

後はおちついて、1つずつ処置をしていくだけです。
1つ終わるごとに、バイタルを回復させれば完璧でしょう。

No.10 生きたくない。 Chapter2-6(クリア目的)

原因不明の裂傷が内臓に生じるという謎の病気が相手です。
これ以後の手術の基礎となる部分がありますので
手順をよく覚えておきましょう。

ただ、クリア自体は、バイタルに気をつければそれほど難しくないです。
動脈瘤後だしね。一息ということで。

難易度:★★☆☆☆


ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

(超執刀発動)
ドレーンで血だまりから血を吸引
ピンセットで開いた傷を閉じる
で縫合
(×3)

でその他の裂傷を縫合(×7)

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


血だまりを吸引した後、ピンセットで傷口を閉じてから縫いますが
このピンセット作業がうまくいかない方もいるようです。

傷の広い端を持って、一本の線になるように近づける
とアンジュが言っておりますが、
補足すると「傷の広い端の片方にタッチして、中心線に近づける
という感じでしょうか。


あと、この患者はバイタルが低いです。常にバイタルに気をつけましょう。

No.11 生きたい。 Chapter2-9(クリア目的)

またもや、原因不明の裂傷により容態が悪化してしまいました。
「原因は何か?」を探りながらの手術となります。

長い手術となりますので、バイタルは常に高めに保っておきましょう。

難易度:★★★☆☆


ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

ドレーンで血だまりから血を吸引
ピンセットで開いた傷を閉じる
で傷を縫合する
(×3)

でその他の裂傷を縫合(×5)
(傷を一本残し、バイタル回復)

(突然内臓に裂傷ができる)

エコーを使って傷の原因を探る(動き回る影が見つかる)
メスで影のいる場所を少し切り裂く
レーザーを出てきた生物?に2回当てる

エコー〜レーザーで退治を繰り返す(×2匹)

残った裂傷を治療する
(傷を一本残し、バイタル回復)
(超執刀発動)

エコーを使って傷の原因を探る(動き回る一回り大きな影が見つかる)
メスで影のいる場所を少し切り裂く
レーザーを出てきた生物?に当てる
(これを3回繰り返すと駆除できる)

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


バイタル回復をするタイミングについてです。

手術手順中に(傷を一本残し、バイタル回復)と書いてあるところがあります。

この手術での謎の生物は、退治した後
傷が残っている限り、新たに生物が現れないタイミングがあるという性質を持ちます。
これを利用し、傷を一つだけ残して他は治療
限界までバイタルを回復させてから
最後の傷治療 → 次が登場 とすることが可能です。

なお、当然ですが、バイタルが危険になったら全ての治療をやめ
バイタル回復を最優先してください。
謎の生物による裂傷発生ダメージを考えると
バイタルが20を下回ったら、回復を優先したほうが良いでしょう

No.12 君のため、皆のため Chapter2-11(クリア目的)

注意!
手術中、一定の間隔で心痙攣を起こします
その場合は、全ての作業を中断し、心臓マッサージを行うことになります。
1.ヒールゼリーを中央の青い帯に塗る
2.手を上下する黒いバー通りに動かす


難易度:★★☆☆☆


ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開(心臓)

(ここで初めの心痙攣が起こると思います。その後超執刀発動がオススメ

ドレーンで血だまりを吸引(以後、血だまりができるたびに行う)

メスで黄色いライン上を切開(指示ライン通りに3回)

ピンセットで切り取った部分をトレイに移す

ピンセットで左側のトレイの人口弁を切り取った部分に当てる

で人口弁を縫合※1

ルーペでズームを解除(どこでもいいので○を描く)

で切開したところを縫合(心臓)

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


※1の縫合についてです。
縫合は、人口弁の周囲と心臓を繋ぐように、円状に縫うことになります。
・・・が、ジグザグに動かしながら円を描くのは結構難しく判定も厳しいので
なかなか縫ったことになってくれないかもしれません。

しかし、実は人口弁を「縦に大きく広がった横向きの裂傷」として縫っても
OKになります。

12.jpg
↑こんな感じで縫ってもOKがでます

真横に入った裂傷を縫うつもりで、縦にギザギザを大きくするような感じです。
うまくいかない人は試してみてください。

No.13 ギルス Chapter3-2(クリア目的)

カドゥケウスに入って初の手術となります。
以前北崎病院で手術をした、謎の生物「キリアキ」の駆除が目的です。

難易度:★★☆☆☆


ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

ドレーンで血だまりから血を吸引
ピンセットで開いた傷を閉じる
で縫合
(×3)

でその他の裂傷を縫合(×6)
(傷を一本残し、バイタル回復)
(超執刀発動)

(キリアキ2匹出現)
エコーを使ってキリアキを探す
メスで影のいる場所を少し切り裂く
レーザーをキリアキに2回当てる

(キリアキ3匹出現)
エコーを使ってキリアキを探す
メスで影のいる場所を少し切り裂く
レーザーをキリアキに2回当てる

キリアキに付けられた傷を治療
(傷を一本残し、バイタル回復)

(マザーキリアキ出現)
エコーを使ってキリアキを探す
メスで影のいる場所を少し切り裂く
レーザーをキリアキに当てる
(これを3回繰り返して駆除)

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


前の手術とほぼ同じですが、出現するキリアキの数が増えています。
あいかわらず、傷一本残し回復が可能なところがありますので
回復のチャンスを逃さないようにしましょう。

それから、(超執刀発動)のところは子キリアキ前としましたが
マザーキリアキ前まで取っておいてもいいでしょう
苦手な方で発動しましょう。

No.14 かけがいのない物 Chapter3-4(クリア目的)

新しいギルス、デフテラとの戦いです。
超執刀を使用しても難しいですし、運にも左右される手術です。
その運を技術でカバーしていくのがまた楽しいですけども。
(マゾですかそうですか)

難易度:★★★★★


ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

レーザーで白と黒の斑点を焼却
(大きいほう優先、小さい斑点は大きい斑点から生み出されます)

(赤と青のデフテラ登場)
移動跡にたまにできる斑点をレーザーで焼きながら、合体を待つ※1
合体後、ドレーンで吸引(3回繰り返す)
3回目の吸引後、その部分を切除できるようになったら、メスで切除
レーザーで腫瘍を焼却
ピンセットで切除部分をトレイへ
ピンセットで人口膜を切除部分へ
ヒールゼリーを人口膜に塗る
で人口膜をこする

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング

ヒールゼリーでライン上を消毒し、メスで切開

(赤と青のデフテラが2体づつ登場)
(超執刀発動)
ヒールゼリー・注射・レーザーを駆使しながら合体を待つ
ヒールゼリーを、合体したデフテラの周囲に塗る※3
合体後、ドレーンで吸引(3回繰り返す)
3回目の吸引後、その部分を切除できるようになったら、メスで切除※4
(腫瘍があれば、レーザーで焼却)
ピンセットで切除部分をトレイへ
ピンセットで人口膜を切除部分へ
ヒールゼリーを人口膜に塗る
で人口膜をこする

で切開したところを縫合

ヒールゼリーで消毒

患部をテーピング


順番に解説します。

赤と青のデフテラ一体づつのとき
合体するまではレーザーを持って、たまにできる腫瘍を焼却しますが(※1)
合体した時、すかさずドレーンをとって吸引しなければならないですね。
すぐに反応してドレーンを取るのは難しいと感じたら
初めからドレーン持ちっぱなしでいいと思います。

また、自信のある人向けですが、合体するまで状況に応じて
 注射器(バイタル回復)
 ヒールゼリー(デフテラの進路制限:後で詳しく解説します)
 レーザー(腫瘍発生時)
を使用し、合体したのを確認してからドレーンを持って吸引。
これがベストです。


さて、いよいよ問題のデフテラ2組登場です

基本的な処置は1組の時と変わりありませんが・・・
2組出ていると、大変難しくなります。

理由は、2つの性質によります。
1.同色のデフテラ同士が接触すると、大きな斑点ができて大ダメージ
2.合体中のデフテラに、動いているデフテラが接触すると
  合体が解除され、大きな斑点ができて大ダメージ


1だけでもかなりキツイルールなんですが
2がとにかく凶悪です

これにより、合体したデフテラをやっとの思いでドレーンで吸引中
寄ってきた別のデフテラにより、合体解除。
ドレーンの吸引はなかったことになり、ダメージを受け
斑点ができて継続的にバイタルが減り続けることになります。
正直、やる気なくします。これ。

これを防ぐ唯一の(しかし絶対とはいえない)手段が
ヒールゼリーによるデフテラの進路妨害」です。

ヒールゼリーを塗ると、しばらくその場所に効果が残ります。
この効果時間中、デフテラはゼリーを乗り越えて移動することができません

ということは、合体した瞬間、その周りを取り囲むようにヒールゼリーを塗れば、
合体中に接触されることがなくなります


(ただし、絶対ではないです。
 塗ったゼリーがデフテラの上にかかってしまうと
 進路を変えることはできません。)

そのほか、合体前の同色デフテラ接触阻止にも使えます。


※3 これを踏まえて、デフテラ2組時には
・合体したら即ヒールゼリーを合体の周囲に塗る
・それからドレーン
という手順を踏むことになります。

※4 また、うまく1組に対してドレーンが3回完了したら
必ず「デフテラを切除」まではやってください。
デフテラは、切除ができる状態のまま放置すると
ものすごい勢いで大きな腫瘍を生み出します
切除まではやって、放っておきましょう。


どうしても 合体を見てからヒールゼリー → ドレーン が間に合わない場合。

デフテラが合体する時間は結構短く
ヒールゼリー → ドレーンだと吸引しきれない!
という方もいると思います。

その場合、ゼリーなしでもクリアは不可能ではないです

ただし、この場合、クリアはかなり運に左右されることになります。
バイタル危険域に入ったら即注射を心がけても
引きが悪いと同色デフテラが連続で接触し、即死しかねません

デフテラの進路を見れば、ある程度ですが合体が予測できる時があります。
それを見極め、早めにヒールゼリーを持っておくなどして
なんとかヒールゼリーを使用できるようにしたほうがいいとは思います。

No.15 最悪の患者 Chapter3-6(クリア目的)

ゲームやる前にこのページを見てる人は
「なんだこの手順は?」「これ手術?」とか思うんでしょうけども
事実だから仕方ない

難易度:★★★★☆


ルーペを持つ

ルーペで、右側の水槽の辺りに○を付ける

ドレーンを持ち、右の水槽の水を吸い上げ、左の水槽に移す※1

ルーペを持ち、拡大を解除
(ルーペを選択し、画面内どこでもいいので○を書く)

ルーペで、左下のダイナマイトの辺りに○を付ける

ピンセットを持ち、矢印の先にある「雷管」をまっすぐ上に引き抜く
(雷管を2本抜くと、トラップ「発火装置の作動」が起こる)※2
そのままピンセットで、残り4本の「雷管」も抜く
ルーペを持ち、拡大を解除、そのまま左上のICチップ群の辺りに○をつける
レーザーで、下の発火装置にコードがつながっているチップを焼く※3
(正解は9個中5つ、最後の1つを焼く前に超執刀発動

(正解のチップを全て焼くと、最後のトラップが発動する)

メスで、赤い配線だけを切断する※4


解説です。

※1 右の水槽で、通常のドレーン処置をして、水を吸い上げます。
そして、左の水槽に移すんですが、移し方が分かりにくい。以下の手順です。

ドレーンを持ったまま、左の水槽を一度タッチしたらペンを離す
するとドレーン管が出現したままになります。

出現したドレーン管の画面上側の方をタッチしたまま
ペンでドレーン管を下向きになぞる


※2 発火装置が作動すると
ダイナマイトに挟まれた5つの発火装置メーターが
徐々に上へと伸びていきます。
完全に上まで来ると、ダイナマイトが爆発してしまいます

ルーペでダイナマイト部を拡大し
ヒールゼリーを発火装置に直接塗りつけると、温度が下がり
爆発を防ぐことができます。
ルーペで拡大しないと、温度を下げることができません

レーザーでICチップを焼いている間にも、メーターは上がっていきますので
ちょくちょく様子をみて、温度を下げましょう。


※3 焼くべきチップは毎回同じです。

   ■■■■
  ■■

   ↑ 赤いが焼ききるチップです。


※4 赤い配線を「切る」と表現していますが
実際にはメスを持って、赤い配線に触る」だけでOKです。

無理に「切る」動きをすると、白い配線に触れやすくなりますので
「触る」だけでよいことを覚えていてください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。